脚やせの仕組みを理解しよう

すらりと伸びた美しい脚は、「美脚」と呼ばれ、女性の憧れです。脚やせだけでなく、痩せるためにまず取り組むのはダイエットですが、体重が落ちて上体は痩せても、下半身、特に脚だけは太いままだったりすることも少なくありません。

 

元々日本人は脚やせしにくい体型だとも言われています。それは従来の日本人が畳の上に正座をする、と言う生活様式の国民だと言うことも大きな要因です。

 

また何とか脚やせに成功しても、すぐにリバウンドしやすい箇所でもあります。

 

脚やせをして、細くてすらりと伸びた脚を手に入れるには、最初に何故脚が太くなってしまって脚やせしないのか、その原因を知らなければなりません。

 

脚やせしにくい原因としては、大きく分けて3つのことが考えられます。1つ目は脂肪で脚が太くなってしまっている場合です。これは血液中に流れる脂肪の量が多すぎることで起こります。

 

2つ目は新陳代謝の機能が低下して余分な水分が脚にたまってしまっている状態です。

 

「脚がむくんだ。」と言われるのがこのケースです。

 

3つ目は骨格の歪みが原因の場合です。

 

大きな原因はこの3つなのですが、これらはあくまでも主な原因であって、3つの要因がそれぞれ単独で脚やせしにくい体質を引き起こすと言うよりも、複雑に絡み合って脚が太くなってしまっていることが多いのです。

 

例えば骨格の歪みが新陳代謝を悪くして、むくみや脂肪の蓄積を引き起こし、その結果、身体のダイエットは成功しても脚だけがポッテリとした「下半身デブ」になってしまっているのです。

 

脚専用のダイエットとは?

また仮に食事制限によるダイエットで身体だけでなく、脚も細くすることに成功したとしても、必要な筋肉まで落ちてしまって、骨と皮だけになってしまっては見た目も美しくありませんし、健康の面からも決して好ましいとは言えません。

 

丸みを帯びるべきところは適度に筋肉をつけ、ラインの美しい脚、しかも一度手に入れたらリバウンドしない脚やせが、理想の美脚であると言えるでしょう。

 

ただ体重を落とすだけのダイエットではなく、脚やせをするための、脚専用のダイエットが必要になって来ます。

 

上半身のサイズや体重がそれ程変わっていなくても、脚がほっそりとやせるだけで、身体全体の印象は随分違ってくるのです。

 

つまり脚やせに成功して、それを維持することができたなら、スタイルはグッと良くなって見えるのです。そのためには、正しい知識を理解した上で、正しい脚のダイエットを行わなければなりません。

 

エステティックサロンやジムに通うにしろ、自宅で自己管理で行うにしろ、これらの正しい理解は絶対に必要なことなのです。

 

「美脚は一日にして成らず。」なのですから、毎日たゆまぬ努力を続けて、是非美しい理想の脚を手に入れましょう。

 

注目のキーワード:アンチエイジングのことならシンデレラ・ガールズ脚やせ

話題の売れ筋商品はコレ!